どこまで出来る?合成写真 Picasa(ピカサ)で編集加工

 

大正時代をイメージした耽美的な印象ある絵画フォト

 

 

どこまで出来る?合成写真 >  Picasa(ピカサ)を使って、合成写真としてコラージュ画像として、写真編集がどこまで出来るか?試してます。 技術的ことではなくて、アート的な”感覚”での話です。 もともと、Picasa(ピカサ)はアート感覚を満足させるソフトであると認識してます。 上のコラージ画像がどうですか? 花の写真とクロッキー画のコラージュ画像です。 大正時代を思わせるような女性の肖像画になっているように思います。 合成画像として、古きよき時代を思わせる女性肖像画です。 それで、難しいことが幾つかあります。 先ず、重ねる画像のサイズの問題です。 ある程度トリミングしてから重なりを想定してコラージュすると良いと思います。 予め、写真の彩度を上げておくとか下げておくとか、重ねる二枚の画像を比較しながら、どちらが主体となる画像なのかも考えながら、試していきます。 重ねる画像が二枚だけではなく何枚でも重ねることが出来ます。 Picasa(ピカサ)を使って、合成画像の面白さを堪能されてください・・・ コラージュの醍醐味

上の写真では、Picasa(ピカサ)のコラージュ加工の中でも使い方次第ではとっても面白いと思われる編集加工である「モザイク」を使ってます。 この「モザイク」では、同時にグリッド色と幅も設定することができます。 ここでは、その幅は細めで色は黒にしてます。 ここで心得ておくことは、何枚でも写真を選べることと、 <シャッフルする> ことで、写真の位置関係を自在に変えることが出来ることです。 これこそは、センスですから、根気よく試してみるしかありません。 パーフェクトを狙わず、80%くらいで妥協することですかね、<シャッフルする> は戻すことができませんから・・・過ぎたるは及ばざるが如し。 

ヌード合成写真 秋の写真・紅葉 女体 人体図鑑

     

ヌード合成写真・虚ろな姿 ライティング編集したティング海の夕暮れ 女体の部分・バックから見た図

 

Picasa(ピカサ)では、合成画像という表現・言い方を使ってません。 コラージュ編集の一つと考えればよいでしょう。 コラージュ編集には、設定とクリップがあって、設定を押せば、写真パイル、モザイク、フレーム、グリッド、サムネイル表示、多重露出というカテゴリーに分かれます。 それぞれ、コラージュで画像を重ねること、画像を自動的にページに合わせる、ヒューチャリングさせたモザイク画像、ヘッダー付のサムネイル画像(情報を入れることも出来る)、そして一般的言われる合成画像は<多重露出>といわれるスーパーインポーズです。

六月の港と海の写真 美術モデルのお腹の図 編集加工した東京湾の夕日