Picasa(ピカサ)で楽しむ編集加工

 

見事なコラージュ画像

 

 

Picasa(ピカサ)で楽しむ編集加工 >  Picasa(ピカサ)で編集加工したヌードコラージュ画像としては大成功?であったと思われる作品です・コラージュの醍醐味。 日本的な和服の柄との重ね絵です・着物柄とヌード。 背景色ともなっているアイボリー色がとってもいい味を出していると思います。 女性の後ろ向きのヌードですが、ヌードモデルを前にして実際に描いたヌードクロッキー画を原画としてます。 原画のサイズは65x70センチくらいはありますから、比較的大きな作品となっていると思われます。 原画は原画として、それを撮った写真は写真として、Picasa(ピカサ)でのコラージュはコラージュとして、それぞれに趣があります。 ヌード画の原画が一枚あれば、さまざまな写真と重ねることも出来ますから、無限の画像を創れることにもなります。 ヌードを撮る・描く、それらを重ねて新たな作品を創ること、Picasa(ピカサ)でそれらを編集加工する楽しみもあります。 また、街を歩けば、背景画としての画像を(撮り)集める楽しみもありますし、テストケースとして様々な画像を撮ってはそれらを試す楽しみもあります。 画像編集ソフトに慣れる・・・絵を描いて写真にすることからから画像編集までいろいろと楽しめるのがPicasa(ピカサ)です。

乙女の姿 橋の写真 裸婦モデルの胸

 

Picasa(ピカサ)では、<ヒストグラムとカメラの情報>という欄があります。 どのカメラで撮ったか? レンズの焦点距離は? ISOは? というデータが自動的に見えるようになってます。 それらをみながら、画像編集加工ができようになっているわけです、これも使い慣れないとには何がなんだか???ということにもなりかねませんね。 スライドを操作すればヒストグラムが変化するようになってますから・・・画像を同時に見ながら確かめてみることですね。 考えるより見て慣れる事です。 ここでサムネイル画像として使ったる写真は、成城学園や下北沢などの商店街を散歩しながらディスプレイなどを撮ったものです。 一眼レフで撮りたいのですが、それでは周りからの警戒心をあおり撮影しづらい面があります。 コンパクトが無難なのでしょうね。 ちなみに上に見える橋は都内世田谷にある等々力渓谷に架かるゴルフ橋です。

Picasa(ピカサ)・飾りの写真 横たわったクロッキー 赤と青を基調としたあか抜けした店の写真