記念写真としてのヌード

 

鉛筆でクロッキー

 

 

記念写真としてのヌード >  自分のヌードを記念写真として残そうと考える方が増えてきているそうです。 妊婦写真などはプロの方に依頼してとってもらう方法もあります。 妊婦写真であれば、スタジオでプロの女性カメラマンが撮影するそうです。 セルフヌード ・・・自分で撮影する場合はPicasa(ピカサ)でコラージュ編集加工すればよいと思います。 オートタイマーで撮影すればよいわけですし、編集段階でトリミングすればよいことです。 鏡に映して撮るという方法・ヌードポーズのアングルもありますが、画像としては左右逆になりますし、鮮明度も落ちると思います。 手持ちで撮ることは如何わしい写真のように見えますから、あまりオススメできません。 ただ、ヌード画像は保持することが難しいこともあります。 安全面への配慮が必要です。 出来れば、CDなどに落としてPicasa(ピカサ)には置かない様にした方がより安全です。 Picasa(ピカサ)は自由度が高い分だけは自己責任(管理すること)の問題も問われること言うことですね。 ウェブアルバムなどを考えれば分かることですが、他者からのアクセスが入ってしまう可能性は否定できません。

女性モデル

     

洋書ですが、プロのカメラマン(フォトグラファー)の撮った写真が見れます。 これらを参考にして絵をかくことも出来ますが、写真そのものとして完成されたビジュアルアートですから、裸婦の素材にするのではなく、鑑賞するための写真なのでしょうね。

大人の女性のお腹 飾りをイメージする写真 記憶で描く裸婦描写

 

記念写真としてのヌードなのですから、撮れた画像はPCやPicasa(ピカサ)ないにはおかないということを薦めます。  要はハードディスク内には置かないことですね、安全面を考えれば。 また、ムービーの編集なども簡単なものなら可能なので使ってみるとよいでしょうね。 

記念写真としてのヌードとはいっても、写真はNGでも絵ならOKという方もいます。 写真を撮らないということを条件で、絵にすることを希望してる方は多くいます。 制作する側の写真の管理がしっかりしてるなら、写真もOKでそれを基にして絵を描くことも可能です。 記念写真として、記録に残したいのでしょうね、女性心理としては。

ディスプレーの写真 反り返るポーズをとるモデル・腹 ショップのショーウィンドー