モデルクラブ

 

制作者に描かせるポーズをとるモデル

 

 

モデルクラブ >    美術モデルにせよ、撮影モデル・ヌードモデルにせよ、モデルクラブに所属しながらモデルの仕事をしている人が多いのですが・・・美大出身者であるとか、アート関係の方であれば比較的簡単にモデルとして(モデルクラブへ)に登録できるようです。 まったくの部外者?であったり素人?であれば、そうはいかないのでしょうが、ポーズのとり方などの細かな指示はしないようなところもあると聴きます。 モデルクラブというところは、もともとモデルをされていた方が経営しているケースも多いようです。 インターネットでモデルクラブを検索してみると、依頼する側は、モデルさんの写真(ヌードですが、顔は確認できないようになってます)、が展示してあり、その画像を見てモデルの依頼をするようです。 クロッキー会などの公的機関で行われる会や美術学校などであればモデルの依頼は難なく出来るのでしょうが、個人の依頼は難しいと思います・プライベートで描くヌードデッサン・クロッキー。 それは、モデルの安全面・モデルの安全性を考えた上での判断であると思います。 この画像も、Picasa(ピカサ)で編集してます。

女性モデルと古民家

 古民家の土間をフューチャリングしている。 土間とは書いて字のごとく、外の土と土間の土は同一の成分であり高さ的にも同じである。 季節や天候状態を考えるとき、外での仕事を土間でまかなったとも言われる。 その屋根は茅葺であり、冬は湿度を高く保て、夏は涼しさを提供できるようになっている。 この撮影日では、真冬であったが、湿度も気温も適度な状態が維持されていた。 特に、屋根裏部屋といわれるエリアでは顕著であった。 一般庶民の家屋ではこれほどの立派さはなかったのだろうが、冬は炊事などこの土間で使った熱が家屋全体を暖めるようにできていました。 上の画像では、モデルクラブに依頼したのではなく、知り合いのモデルに個人的に依頼してモデルとなってもらってます。

非日常な印象・ヒップ カメラを振り回して撮る夜景 ヌード画・ウェスト

 

ショーウィンドーに並ぶビンを撮ってます。 色んな小物を売ってるショーウィンドーのディスプレイです。 Picasaによるサムネイル画像の制作では(160x120ピクセル)でイクスポートしたサイズを指定してます。

ヌード写真を安全に撮る・・・写真撮影であれば、モデルへの安全面への気配りと制作者の信頼面への証明・保証として、制作現場・ステージで画像を確認しながら、その日撮った画像はその場でCDなどへ落としてモデルへ渡してあげるとよいでしょう。 それには、PCを持参しPicasa(ピカサ)で編集加工で制作者とモデルが確認しながら、現場の安全と雰囲気を保っていくことができると思います。 ヌードポーズのアングルの確認のためにも。

ショーウィンドウに飾られたビン ヌード画・後ろ向きのポーズ 三本のビン