常識ではヌードは描けません Picasa(ピカサ)で編集加工

 

少女的な人体モーションと和の模様

 

 

常識ではヌードは描けません >    非日常的空間で描くことですから、日常すなわち常識ではヌードは描けません。 街中ををヌードの女性が立っていたらびっくりしますよね、それは日常空間だからです・日常と非日常 。 クロッキー会などのアート空間では、ヌードの女性(または、男性)が自然にポーズをとっている空間です。 どこにでもあるような日常的空間ではありません、日常的感覚では描けない、すなわち、常識ではヌードは描けません。 (日常的な)興味本位な好奇心を視覚的または知的好奇心へと ”変換”する必要があります。 それが出来ないと、ヌードを描くようなアート空間への参加は不似合い(場違い)となります。 換わる人は一瞬にして換わり、換わらない人は永遠に換わらないのが この ”変換”です。 常識という小さな世界観を壊し、その外側にある大きな世界観へ移行する必要があります。  その意味でも、常識ではヌードは描けません・常識と非常識。   ・・・・・Picasa(ピカサ)でコラージュ編集加工・合成・コラージュ・コラボ してます。

常識的に考えれば、ある程度コンセプトがないと上手い編集はできませんが、ことコラージュとなるとやってみるしかない!というのが”現実”です。 フィルムグレインティント効果 などは試してみないことには想像・予測がつきません。 グロー効果などは期待通りなのですが、かけると同時にかなり画質が劣化していることも分かるので、使いにくいこともあります。 画像編集の極意 ・・・原画のクオリティーに拘らなければ、思い切った編集加工も可能というのが画像編集ソフトの使い方のコツ!ともいえます。常識よりもむしろ非常識が問われるのが(Picasa・ピカサでの)編集加工ともいえます。 画像処理はどこまで出来る?下ということも予測しておく必要はあります。 また、意外性を期待したいですね。 そこで問題なのが、たくさんの画像ができてく時の、それらの画像の中からどれを選ぶか!?ということ、ここが美意識・センスが問われるところなのですね。

足を抱え込むようにポージング・大胆にポーズ 自然を表したソフト画 ヌード写真・寝転がりのポーズ

 

Picasa(ピカサ)でのコラージュ画像の背景に使う写真について・・・街で通りを歩きながら撮影した写真を使います。 ここでは、呉服屋さんのショーウィンドーを撮った日本の柄の写真です。 コンパクトデジカメで撮ってます。 一般的には、一眼レフで撮ればより美しい画像が撮れるのでしょうが、風景など所有権や肖像権の発生しないような場所では一眼レフを構えることができますが、街などで人のいるエリアやお店などの前ではちょっとヤバイこととにもなりかねません。 コンパクトでも一眼でも(ケイタイでも)撮れる画像は同じようなものですが、一眼はいかにも撮影してるという見られ方をしますから・・・

原初的な人の図を表した絵画 ヌード絵画・両手を頭に乗せたポーズ 色彩豊かな自然をイメージした画像