「山田都和子」 人物図鑑                         モデルの透明感<back    next>レンブラントを想わせる画像 山田都和子

 

撮影オープニング 「フォトセッション」

撮影が始まって、ワンカット目の写真です。 最初の打ち合わせは、右足かかとよりやや手前に重心を置き、左足は斜め横に45度開いて後方に位置する立ち方です。 この重心位置を変えずに上体や手足に様々な変化を加えながらポーズしていくことになります。 このオープニングで、すでに今日はいい写真がとれそうだという予感がありました。 モデルの透明感が際立っていたからです。 この透明感は、カメラマンからすれば撮れる範囲がより広がることであり、様々な状況下においても絵的な満足を得られる写真が撮れることです。

 撮影した画像はPicasa(ハードディスク内の画像を全て管理できます)で管理してます。Picasaで簡単編集・使い方を載せてます。 

 

         

 

 

レンブラントを想わせる画像 画像の<傾き調整> 台の上で撮る 背景はオーロラ ライティングの仕方

「山田都和子」 人物図鑑                         モデルの透明感<back   next>レンブラントを想わせる画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com