「山田都和子」 人物図鑑           演出は山田都和子<back    next>アーバンギャルドなキャスティング

山田都和子「光ファイバーちゃん」

 

写真家・名鹿祥史(なしかよしふみ)  「フォトセッション」

名鹿祥史(なしかよしふみ)氏のアマチュア時代から、彼の写真のファンでした。 かれこれ、七年位前からです。 当時は熱海の初島に勤務していたらしく、島から見える海の景色やそこに住む猫などを被写体としていたと思います。 最近では、主にサブカルチャーと扱われるようなジャンルの音楽や芝居の写真を好んで撮っているようで、自然から人へ、人の住む街へ対象は移っているようです。 当時も今も変わらないのは、自分(カメラ)と対象との間にあるキラっと輝くような空気感を見つめる眼差しなのではないかと思ってます。 アングルは、人の息づく姿を捉える窓であり、そこに見えてくるのは「名鹿祥史の文化」なのでしょう。

名鹿祥史氏の写真集から・・・東京人物画

物静かに発せられる名鹿祥史(なしかよしふみ)氏の説得力ある言葉は途切れることがなく、普段なら聞き手に回ることなどめったにない私が、いつしか彼の話しに頷くばかりとなる。 ここで紹介する山田都和子(上の写真)を知ったのも、彼の撮った彼女の写真からである。  画像編集ソフト:Picasa

 

名鹿祥史氏が「山田都和子」を撮った動画。 素晴らしい! の一言に尽きます。 「山田都和子」を確かに捉える「名鹿祥史」がいます。 その眼差しは限りなく Something be created for humanity 。 「山田都和子」という人は、いつも本気なのです。 子供用であるはずのブランコも本気で漕いでますね。  自分で撮った画像を見るよりも、この動画を見るために何度もこのページにやってくる自分がいます・・・ちょっと悔しいのだけれど、これが現実なのです。

 

 

         

 

 

アーバンギャルドなキャスティング モデルの透明感 撮影オープニング レンブラントを想わせる画像 繊細さを演出

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com