「山田都和子」 人物図鑑                        清々しいモデル<back    next>なぜ私は劣性(劣勢)なのか

山田都和子「光ファイバーちゃん」

 

専制君主のごとく振舞う・・「光ファイバーちゃん」 「フォトセッション」

 山田都和子の場合は、素の自分、在りのままの姿を表現するのではなく、山田都和子が「光ファイバーちゃん」に演じさせているという説明が正しいと思う。 したがって、二回目の撮影時には、「こんにちわ」といった瞬間から、山田都和子ではなく「光ファイバーちゃん」の登場となる。 この「光ファイバーちゃん」とやらは、時として手に負えないほどの我侭さを伴い、ほとんど専制君主のごとく振舞う・・厄介なことに、そのように振舞う女性を歓迎する自分がいたりする。 それなのか、この状況はますますエスカレートしてゆく。 撮影が終了するころには「光ファイバーちゃん」はしっかり出来上がっている。 その後、食事を共にし、車で送っていったのだが、車を降りるころにやっと「山田都和子」に戻れたようである。 その間、制作者である私は君主に添う執事のごとき思い(扱い)を強いられる。 ・・・ここで誤解があってはならないのだが、彼女はどちらの人格であっても非常に礼儀正しい。 君主と執事の関係は、精神的優位性から生まれるものであって、非礼からなるものではない。 それにしても、なぜ私は劣性(劣勢)なのか・・上の二枚の画像を見れば分かるように、その落差に翻弄されているのだろうか。

 撮れたままの画像を Picasaを使ってコラージュとして編集する。

 

         

 

 

なぜ私は劣性(劣勢)なのか 男には入れない領域・・女の「性」 動く被写体・ヌードで舞う姿 ヌードのシルエット 美意識や哲学に関わる知的好奇心

「山田都和子」 人物図鑑                             清々しいモデル<back   next>なぜ私は劣勢なのか

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com