作品撮り Picasa ピカサ

筆記用具

 

< 作品撮り >

 スナップ撮影・写真とは違って、カメラマンの綿密な計画の下で撮られるのが作品撮りです。 スナップ撮影・写真は一瞬を切り取られることですから、集中力が必要で、精神的にけっこう疲れるのですが、作品撮りでは、美術モデルが20分ポーズをとることと同様に持久力が問われることでもあります。 ライティングなどを考えながら、同様なポーズを続けることもあり、肉体的疲れを強いることにもなります。・・・上の写真は、秋の自然と人体デッサンをPicasa ピカサで並べて編集してます。

 

 

 この国・日本には”写真”というジャンルがありますが、海外(特に、ヨーロッパでは)そのようなジャンルはありません、というか、絵画も写真も彫刻も、ビジュアルアートして考えていることから、それらの区別はないということですね。したがって、写真と言うジャンルは特に設けてないと言うことです。 また、この国では「画像のクオリティー」と言う言葉を使いますが、それは「内容レベルの高さ」と言ってることが多いのですが、西洋では、「印刷レベル」のことを言っていることが多いようです。この国の「画像のクオリティー」とは、写真と言うジャンルの独特な(僕には理解できないような)美意識や哲学などを言っているようですが、西洋では、美意識があることは当然であり、それらは「より個性」を求められことであり、最も大切なのは「ストーリー性」であると考えてます。

 

人物クロックキー 石置き屋ね 紅葉の編集画像 多摩川の夕日

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com