美意識 Picasa ピカサ

建築物の美しさ

 

< 美意識 >

 ヌードアートの世界での美意識について・アート的に楽しめる画像・・・性的好奇心を知的好奇心へと変換できる美意識が問われるのが(裸の女性を前にして描く)ヌードアートのならではの制作現場・ステージです・クリエイティブな好奇心。 厭らしさを超えていける美意識という言い方も出来ます。 厭らしさを感じるだけの目で見ていれば、それはそれで健康的なことではありますが、単なる日常的な性的好奇心の範疇を超えていけなければ、何のためにデッサンをするのか分からないことにもなります・ヌードデッサンの必要性。 造形美として、そのモデル固有の美しさが見えてくること、それらを紙上に再現することに真の面白さがあります。 ・・・秋の自然とモデルのさり気無いポーズをPicasa ピカサを使ってコラージュしてます。

 

 美的感覚もしくは美意識を現実的対象(ここでは、ヌード)の中の「質」として考えようとすると、美的感覚もしくは美意識の意味を、ひとつの側面でしかみないという誤りを犯してしまう。 視覚で認識することは、主観によるところが大きく、このアトリエ内の空間でモデルと向き合うのであれば、そのモデルの過去と現在(現実)と未来に物語性を添えて見るようなこともありがちで、「もの自体・ヌード」のような現実のものとして受け止めることは難しい。 また、女体を物体(もの)として見ることが正確なデッサンや描写を創るというような思考を勧める人たちもいますが、客観を優先すること自体に「美」を語る意味をなくしてしまい、(上手に描くという)物理的なトレーニングにはなっても、アート作品とはなりえません。 美意識にとどまらず、この世界を知ることは、感覚をとおしてであり、感覚を積み重ねることによって美的経験を積み重ね、 ”より豊かな錯覚” を体験してゆくことになるのでしょう。

 

 

 

Picasaで編集する滝の写真 中学生女子 公園の写真 イラスト的な画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com