偏見と誤解 Picasa ピカサ

夕焼けの写真

 

< 偏見と誤解 >

 ここでヌードモデルになってくださる女性が、世間の「偏見と誤解」について語ってます。 サイト管理人も、ヌードを描くことを誰にでも話すわけではありませんし、Picasa ピカサによるヌードコラージュ画像を多く載せてますが、サイトURLを誰にでも教えないのは、やはり偏見と誤解がつきものだからです。

 

 

 世間では、「マナーがよいこと」と「理性的で道徳的であること」を同義と考えている方が多いことです。 たとえば、ヌードモデルを前にして一対一で描く場合、人として「マナーがよいこと」は当然ですが、「理性的で道徳的であること」を超えていかなければ、アート作品にはならないことに気付きます・・・理性的道徳的であることを強いることは、裏を返せば性的好奇心旺盛なことでもあり、動じて ”絵” にはならないでしょう。 理性とか道徳とかという日常的な価値判断では絵は描けませんし、理性や道徳を超えていくアート感覚にならなければ、ヌードと対峙することはできません・・・ヌードを造形美として捉える視覚(知的好奇心)が問われるわけです。

 

 人は、「理性的で道徳的であること」を常識として、日常として、当然のこととして考えています。 (自分の)常識や日常が壊れてしまうことを恐れます。 性的好奇心のみでヌードを見る人は、ヌードを造形美として見ることが苦手です、というより、性的好奇心のみで満たされてしまいます。 ヌードを前にして、知的好奇心・美意識を働かすことを知らない人か、認めようとしない人かもしれません。 自分の確固たる日常・常識を壊されては困るわけです。 何事にも、自分には感知できない領域・世界があることを素直に認めることです。 その感知できない領域・世界を非常識としないことです、新たな偏見と誤解を生まないためにも・・。

 

 

ヌードモデル画像 ヌードクロッキー写真 モデルの体型 美しいからだ

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com