視覚 Picasa ピカサ

目で見ることに意味を考える画像

 

< 視覚 >

 

 

 「ビジュアル(視覚)」の意味を考えてみます。写真を撮ることは、露出とピントを決めて、コンマ数秒で画像データをカメラに収めることになります。 ところが、絵を描くことは、人の目で認識したことをある程度時間をかけてキャンバスなり紙上なりに再現していくことです。 人の目は、(カメラで言うところの)露出やピントを変えながら時間をかけて対象を把握することになります。 「リアリティー」が在るかどうかを決めるのは、最終的には人の目が決めることですから、人の目で捉えた像を再現する絵の方により「真実味」があると絵描きは考えてます・・・一般的には、写真にはリアリティーがあり、絵にはそれがないと考えますが、絵を描く人間はまったくその逆のことを考えているのです。 いいかえれば、人(自分)の目、すなわち視覚を信じているのです。 Picasa ピカサのコラージュにより編集加工した画像です。

 

 

ディテール 両足のデッサン画像 コンセプトは美 目で見るよりは触る感覚で描かれた画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com