感性 Picasa ピカサ

モミジとヌード

 

< 感性 >

  アート作品などを観ていると、見える人には分かって、見ない人には知る由もない・・という、共有することの難しさと、すべての人が共有できるものなどありはしない・・と、悲観的に思えたり、当然なのだからと安心してみたり。 その人固有の「感性」なるものがあれば、これらのことは納得できるというだけで、「感性」ってなぁに? ということになれば、良くわかない・説明が難しいことでもあります。 言葉どおりに理解できても行間が読めないとか、歴史や地理など固定的な知識には興味を示すが、流動的なこと、相対的なこと・相対性理論には興味がもてない、まして、人の心理を読むとか相手の気持ちを理解することは難しい、言語ではない抽象的なことには理解を示さないこと・・・これらは、感性と深くかかわっているのか、アスペルガー症候群の話になってきたような・・。

 

 

 Picasa ピカサのコラージュ使って切り抜きや白黒加工してます。 グリッドなどにもそれなりの工夫して展示してます・理性と感性、どちらが優先?

 

 これから、フォトグラファーを目指す若い人たちのために・・・先ずは、フォトグラファーを名乗るためには、商業写真を撮れる(依頼される)スキルがなければなりません。それには、上手に撮れるようになることです。人物を撮ることも多くありますが、人物の存在感を撮るのではなく、その人物が見につけている衣装や装飾品を(買う気をそそるような)上手な写真を撮ることなのです。自分が満足することではなく、クライアントが納得できるような写真に仕上げる必要があります。

 それでは、写真家を名乗るのであれば、作品撮りをしたいと考えることも自然なことです。作品撮りとは、アート系写真であり、商業写真とは根本的に異なります。 端的に言えば、商業写真はそれ自体で”完結”している必要があり、アート系写真では、その画像を見る人にとって、”無限な創造力・想像力”が生まれる必要があります。写真のアングルは無限な未知なる世界の広がる”窓”に成っていることです。したがって、商業写真と作品撮りでは、アングルの撮り方に決定的な違いがあるということです。商業写真は買う気をそそるように完結していることが重要であり、作品撮りではアングルは、無限な創造力・想像力の働く窓になると言うことですね。また、作品撮りでは、観る者に媚びているようでは話になりません。・・・それは、個性の表現なのですから。

 

 

セルフヌード チャコールペン使用した絵 表現者としてのモデル 鉛筆デッサン画像

Picasa の使い方&ガイド         理性<back          next>知識

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com