理性  Picasa ピカサ

カフェの室内画像とヌード

 

< 理性 >

 ここはPicasa ピカサで編集加工するアートサイトで、それもヌードモデルと向き合って制作することも多く、制作者とモデルの(理性的な)関係について書いてみます。 美術モデルにとっては、無防備な裸の状態でポーズすることですから、室内であれ屋外であれ安心して(寛いで)ポーズできる環境が必須であること、ステージの整備は当然のこと、制作者がモデルにとって信用できる人間かどうかも問われることとなります・寛いだポーズ。 アーティストの多くは、衝動や欲求を制作のエネルギーとしていることも多く、閉鎖空間で美術モデルは裸でもあるのですから、制作者が理性的あることはとても難しいことにもなります。 ヌードモデルを前にして、性的好奇心ばかりが逸り知的好奇心に届かないような制作者であれば、それこそアーティストとはいえません。

 

 

 話は矛盾するようですが、理性的でかつよい作品を創るアーティストは少なく、よい作品を創るアーティストの多くは動物的な衝動の強い方が多いようにも思います。 アーティストを名乗るだけで、制作とは名ばかりの輩が多いことも事実ですが。

 

 

 トリミングやコントラストなどは、Picasa ピカサの編集加工によります。

 

 

 

Picasaでコントラスト調整された画像 虚ろな顔 理性を感じさせるモデルポーズ 質感を大切に描いた絵

Picasa の使い方&ガイド         知性<back          next>感性

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com