スケッチブック Picasa ピカサ

nude

 

< スケッチブック >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 海外で言うところの「フォトグラファー」とこの国で言う「写真家」はかなりその意味が違うと考えてよいでしょうね。この国の写真家の多くは”職人”であり、アーティストではありません。海外ではアーティストでないと展示会などどには出られません。21世紀になって、デジタルが主流となるとますますその傾向が強くって来ます。暗室でプリンする必要ななくなりますから、職人である必要はなくなります。ただ、その代わりに、フォトショップなどソフトを学ばなければなりません。

 

 デッサン紙や水彩紙には、紙が一枚一枚になったばらのものがありますが、20枚を綴じたスケッチブックのほうが何かと便利です。 紙サイズに制限はありますが、綴じているので保存しやすいこと、持ち歩きに便利なこと、外でも難なくスケッチできることです。 デッサン紙には、50シートを綴じてあるスケッチブックもありますが、紙が薄く、あくまでも練習用としての利用に限られます。 作品として残したいのであれば、20シートの紙の厚いものを使ってください。 紙の表面の質感や色(白やクリーム色)は好みで選べばよいと思います。

上の絵は、水彩紙に黒のコンテとチャコールペンで描いてます。 サイズ:50x60センチ 編集加工操作はすべてPicasa ピカサ。

 

 

 紙には色々あって、鉛筆を使って描くのなら、鉛筆のりの悪いすべすべの紙は使わないようにしましょう。 いわゆる、画用紙、ケント紙、木炭紙(デッサン紙)、水彩紙などがありますが、鉛筆を寝かせて広く薄く塗ってみれば生地の目・模様が分かります・・・好みに合わせて使うことです。

 

 

 

スケッチブックに描かれた鉛筆画 描き方に拘る鉛筆画 量感とダイナミズム スケッチされた横向きのヌード

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com