ポートレイト撮影依頼

nude

 

< 木炭 >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 写真の展示会場では、ヨーロッパでは散歩がてらに犬でも連れながら、会場に訪れる方も多くいます。楽しみに来ているのですね。日本や北京などでは、じっと見入りながら(特に若者は)学ぼうとしているような眼差しに出会うことも多くありますね。正確さや精密さを追求するのであれば学ぶことが最も重要ですが、アーティストは学ぶことではなくて、以下に自分自身と向き合うか?なのですがね、才能が天性のもので、学んで身に着くことではありません。

 

 デッサンの基本トレーニングは木炭を使うことが多いようです。 鉛筆を使えば、描き直しが難しいのではなく、鉛筆で描くこと自体で紙に傷(堀)をつけていることでもあり、紙面を荒らしてしまうということ・・・描き直しはできても、紙の表面を汚してしまうことです。 その点において、木炭であれば、(木炭)紙の表面を傷つけることが少ないとも言えます。 木炭の描き直しには、消しゴムでなく練り消しを使うことが多く、紙の表面を剥いてしまう(傷つける)ことも少ないと言えます。 裏を返せば、紙の上に木炭が載っているだけであり、定着させるにはフキサチーフを用いなければなりません。 フキサチーフは、一本1000円近くすることもあり、画材の中では最も高価なものかもしれません。 ちなみに、「フキサチーフ」とはメーカーの商品名であり、道具(画材)名ではありません。 Picasa ピカサでコラージュ加工操作。

 

 

木炭デッサン 木炭を使ったクロッキー 自然な表現をする美術モデル コンテを使った人体デッサン

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com