グリッドで見せるポートレイト写真

グリッドで見せるポートレイト写真

 

< 撮影依頼>

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 ポートレイト撮影で、どのようにすればモデルを綺麗に撮れるか?と考えるのはニコパチレベルの話で、または、クライアントがあってのことで、作品撮りに関しては、モデルを通して、いかにして「フォトグラファー自身の内面」を映し出すか!が勝負になります。

 

 濃い目のモスグリーンをグリッドにしてます。 二枚の絵や写真の組み合わせによるのですが、濃い目で太めなグリッド・枠・額にしてます。 無彩色なグレーなどは無難ですが、そればっかりでは面白みに欠けます。 Picasa ピカサの使い方の中でも、このグリッドは写真を展示するなら用途が多いことと思います。 グリッドの重ね方によっては、絵画の額縁のようにすることも出来ますし、絵や写真の ” 価値 ”の半分は額の付け方によって決まるといっても過言ではありません。 無料編集ソフトPicasa ピカサのなかでも、コラージュの基本操作になります。

 

 

絵画のグリッド

 パステル画の展示を試みてます。 サイズ:55x50センチ  ファッションセンスなどと同様、人物(この場合は、グリッドのよって絵)をいかにして引き立てるか?にあります。 マットの色は、原則として、絵画の中で最も多く使っている色(最も目立つ色)を使うといいと思います。 逆の考え方もあって、補色関係にある色をマットの色に使ってみることも面白いかと思います。

 

尻のデッサン コラージュでサムネイル画像 Picasaで明るさ調整した画像 切抜きしたサムネイル画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com