デッサンするヌード

ポートレイト

 

< デッサン >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 私の制作する写真においては・・・いわゆる写真にはしませんから、フォトショップなどで絵画に近いような編集を重ねて行きます。最終的には、写真を引き伸ばして、どっと単位で色を打ち込んでいくことになります。これまでのアナログ写真家がしていたような作業とは根本的に異なります。銀鉛写真もデジタル写真にもそれぞれに長所と短所はありますね。目的が変われば手段も代わると考えればよいでしょうか・・

 

 ここでは、デッサンっぽい作品は多くありますが、デッサンではなく鉛筆画になります。 デッサンにしてもヌードクロッキーや鉛筆画にしても、上手になりたいと考える人が多くいることは当然でまた理解できるのですが、漫画であれアニメであれ、アート作品であれば、大切なのは「いかにして何かを伝えるか!?」ということであり、上手な絵を描くことではありません。 何かを伝えるための上手さであり、上手く見せるための上手さではありません。 デッサンの必要性をいうなら、対象を正確に描くという技術以上に、視覚的に正確に把握すること、すなわち見る目を養うことがもっとも大切なことです。 平面的にしか描けない絵を立体的に描けるようになる技術を身につけることは初歩的な段階でのことですが・・・Picasa ピカサによるレタッチ画像

 

 

デッサン参考写真

 ここでは、デッサンといえるような作品はありません。 管理人・制作者にとっては、デッサンの ”正式な勉強” はしたことはなく、なにをもってデッサンなのかが分かりません・初心者が学ぶデッサンについて。 「いかにして何かを伝えるか!?」が大切であることは確かですから、その意味では「描写力」が欠かせないとはいえます。 デッサン力を描写力の基本であると考えれば、デッサンの必要性は納得できます。 また、デッサンそのものが制作者の「思考・美意識」を問われるともいわれます。 ・・・フランス人だったとは思いますが、美しいデッサンを観ることは、最も崇高な趣味のひとつである・・と、言った方もいます。

 

 

 

固有のデッサン Picasaで傾き調整した画像 凛々しさを感じさせるポーズ トリミングした画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com