Picasa ピカサ

モチーフ・素材とテーマ

 

< モチーフ >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 ヌードを撮る場合は出来る限り背景をなくしてしまうことがモチーフそのものに迫れることになります。だからといって、布や紙などの質感や柄灘が一様なものは背景に深みを出せません。私の場合は、キャンバスにアクリルなどを使って背景のメリハリを書き込んでいき、絵画に近い背景に仕上げるようにしてます。

 

モチーフとはそもそもがフランス語で、主題・理由・動機(きっかけ)などを意味します。 ここで使うモチーフは「主題」という意味で使うことが多く、アート作品などでは、表現の動機としての意味で使うことも多いのですが、被写体や素材との使い分けが紛らわしくなります。 その被写体や素材が放つオーラのような(作品制作の動機やきっかけ)の意味でも、モチーフという言い方を使っていきます。 使用する画像はすべてPicasa ピカサでコラージュしたものです。

 モチーフが作品制作の動機となるなら、エロティシズムという厭らしさの意味?を考えてみる必要があります。 コラージュ作品には色々なものものがあって、 合成・コラージュ・コラボなど様々な言い方もあります。 和服の柄との組み合わせでは煌びやかなヌードになったり、 画像編集の極意とまでは行きませんが、   妖艶なヌード 奥座敷になったりと、 ヌード画の編集には、グリッドをつけることも含めて、何をモチーフにとるか?など、多くの方法論があるようですね。 

 

 

人体をモチーフ モチーフと素材 裸婦のデッサン Picasaでコントラスト加工した写真

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com