プロの撮る女体・ヌード

シンプルなヌード

 

< シンプル ポートレイト撮影>

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 シンプルであることを心掛けてます。 シンプルである・・・簡単というよりも質素であること・・・ごちゃごちゃしてないことです。 また、回りくどくないこと、ストレートなこと。 

 この二枚の画像は、それぞれが作者お気に入りで、こうして並べてみると(コンセプトがあるわけではないのに)何かを想わせるような画像の組み合わせになってます。 画像の並び方も写真の中に写っている小物なども、シンプルではないのになぜかシンプルな印象があります。 白黒ヌード画像とかなり色彩を抑えた写真とのバランスがよいのかもしれません。 裸婦画像とブティックの写真の全体に占める(面積の)割合がよいのかもしれません。 結果としてよい印象があるのであって、よい感じがすることの理由探しをすること自体に意味がないのかもしれません。 コラージュである限りは、偶然の賜物であると同時に、数多く出来上がってくる画像を選択をすることも人(制作者)の意図するところでもあります。 ブティックの写真という日常的なありふれたそれでいてリアルな写真と、ヌードという非日常的な画像それもアブーに挑戦するような角度からの描写と、日常と非日常との対比の面白さもあるようです。 ツルッとしたディテールが共通するからでしょうか。  視覚として感性としては最も好みのタイトル画像になります。 右の写真は、Picasa ピカサで数度の編集加工と重ねてます。 ティント効果で再度を下げていること、<グラデーション>加工で、背景の色合いに工夫を凝らしていることです。 左のヌード画像にはこれといった手を加えてませんが、<コントラスト>調整をして、できる限り原画に近づけようとする試みです。

 

 

バストの量感 ピカサで編集した横向きのポーズ ヌードモデルの胸の拡大図 シンプルなサムネイル画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com