Picasa ピカサ

芸術の意味を考える画像

 

< アート >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 アート感覚で並べた画像・写真(Picasa ピカサで編集加工・調整)です。 これといった意味やコンセプトはありません。 強いて言えば、色彩を極力抑えたということ。 右端の画像はショップのディスプレイですが、Picasa ピカサでの編集により、<白黒フォーカル >加工を使って、カラーの一部分だけを残して白黒にしてます。 中央は、ソフトパステルを使った裸婦画です。 薄いブルーだけのアート画像という印象はあります。

 ところで、アートの意味ですが・・・「アート」と「芸術」を同義語として使っていることがありますが、歴史的に、または言語として考えればその意味の違いが分かります。 アートとは加工したもの(人為的に手の加えられたもの)すべてを指します。 したがって、建築物なども当然アート作品ということになります。 日本語で言うところの芸術とは、(人工的でない)自然などの美しさも入りますから、アートよりももっと広い意味で使われていることになります。 ヌード に関してですが、ヌードそのものはもともと自然なものであるから、(ヌードであること自体は)アートにはなりません。 ヌードを作品として展示すればアートにはあります・・・展示されたものは(たとえ、生きた人間であれ)、人の意思や作意が入ってくるからです・・・簡単に言えば、人が創造したものだからです。 クリエイティブなものはアートですが、自然のままのものはアートとは言いません。 その背景にエロティシズムを感じさせるものは人体ヌード・エロティック・アートでなくともヌードなアートと呼んでます。 漫画やアニメやイラストなど平面的に完結するものを2次元的アート。 一般的なアートの意味と使い方です。 アート空間、アートスペースという言い方をします。  アートな街が増えてきているように感じてます。 錯覚することを前提につかられたものがありますが、 アートは手品ではありませんから、それらをアート作品といってよいのかどうか疑問はあります。

 

 

可愛いクロッキー Picasaで加工するヌード絵 サムネイル画像・顔 尻の描写・部分図

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com