ヌードクロッキー Picasa ピカサ

抽象と丁寧に描かれた鉛筆画

 

< ヌードクロッキー >

 画材としては、鉛筆(HB〜8B 濃さによって使い分けていきます)、チャコールペン、木炭(柳を素材にしたものがオススメ・・・柔らかく、濃く、黒色が美しい)などを使います。 紙は、デッサン紙やスケッチブックが便利です。 クロッキー会などに出かけるのであれば、スケッチブックを立てるイーゼルなどは用意されていることが多いです。

 デッサンは、美術の本格的なトレーニングと考えれることも多く、しっかりした立体感のある絵を描くことを前提に行われます。 クロッキーは、人によって様々な描き方があり、自由度はデッサンよりもずっと広くなります。 ヌードクロッキー会などでは、このヌードクロッキーをしている人が多いように思います。 最近では、漫画やアニメを描くことに興味を持っている人が多く、その意味では、ヌードクロッキーをトレーニングとして試みてみることもよいと思います。 なぜ、人物なのか? それも裸婦なのか? ・自然のままの飾らないヌードを描くことの意味・・ 景色や建物や静物であれば、描き損ねても不自然さはそれほど目立ちませんが、人体デッサンまたはクロッキーであれば、明らかになるからです。 絵の本質を考えた場合上手になること自体には意味はありませんが、自分の思い通りに描くことには意味があります。 

 ヌード画グリッドの色と幅・・・画像のグリッドやトリミングなどは、Picasa ピカサのコラージュ使用。

 

 

光の描写 横位置から見るヌードポーズ 美術モデルをクロッキー 四肢と腹と足

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com