美術モデル

美術モデルのポーズとポージング

 

< 美術モデルとアートモデル撮影 >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 モデルと制作者の関係は色々です・・・ここでも鉛筆画が出来上がっていく工程を考えれば、一言で言えば、美術モデルに絵を描かされている制作者ということになります。 ここでのモデルさんと出会った当初は、制作者自身の美意識の中にすべては治まっていると考えていましたが、最近では、モデルが私に絵を描かせていると考えれば、なにやら辻褄があってくるように思えるようになって来ました。 原則として、モデルにポーズを指示することはありません。 話し合いの中で提案していくことはありますし、それも大切なことですが、雰囲気や自然の流れの中でヌードポーズが生まれてくると考えるようにしてます。 また、絵を描くことと写真を撮っていくことを両方並行していくことも多く、写真を基にして後日絵にすることも多くあります・ヌードポーズのアングル。 

 クロッキー会やデッサン会に出かけていってヌードクロッキー・鉛筆画を描くこともありますが、同一の美術モデルさんに個人的に依頼して描くことが多くなってきました。 アウンの呼吸みたいなものが合って、ポーズをとおして、回を重ねるごとに新たな反応の仕方をお互いが探れるようになってきたことです。 創作するという言い方をすると、その言葉自体に縛りが生まれますが、反応の仕方を探るのであれば、縛りとは逆に解放する行為ととれることです。 「自らを解放していける・・」という心地よさの中に、長く続けていけるコツみたいなものがあるのかもしれません。

 

 

 ちなみに、美術モデルとは・・・デッサンやクロッキーはもちろん彫刻や美術アート作品制作のための人体モデルとして、何らかの形で制作者に協力する人たちのことを言います。 最近では、美術モデルがクロッキー会などの主催者を兼ねることもあり、人体の造形美を提示するという意味では、制作者と美術モデルの共同作品の様相を呈してきました。 一昔前と違って、ヌードなどというものはありふれたものであり、それ自体にはさほどの価値を見出せなくなってきた昨今でもあり、その意味では、美術モデルの提示する肉体の真の造形美が問われるようになってきてます・ヌードを造形美として考える。 造形美だけでなく、ムービングにおけるモデルの醸しだすオーラだったりします。

 画像の枠取りやコントラスト調整などは、Picasa ピカサのコラージュによります。

 

 

両手を上に上げるヌード女性の姿 憂鬱な表情をする美術モデル 凛としたポーズ ポイントを絞り込むクロッキー

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com