ヌードモデル

モデル撮影

 

 

< ヌードモデル >

ご自身のポートレイト撮影を希望する方、ご連絡ください

フォトグラファーとして・・・展示会のための「作品撮り」をしてます

スタジオ撮影が多く、街中など屋外での撮影もします

主に海外での展示会を開催してます

アート的な「作品撮り」を希望するモデルさん、コンタクトお待ちしてます

ご自身の記念撮影としての依頼もお受けします。以下のページを参考の上、お申し込みください 


 

⇒⇒⇒フェイスブック・作品集

 

   ⇒⇒⇒メールでのご連絡 teh6452@gmail.com

 

   ⇒⇒⇒ブログ・東哲郎 作品ページ

 

・・・まで、ご連絡ください

*** 現在、ヨーロッパでの展示会のための「作品撮り」をしてます。

海外でのポートレイトは、基本ヌードであることが多く、ヌードでの撮影もOKなモデルさんを探してます。詳細はメッセージで説明しますので、コンタクトお待ちしてます!

キャリアと今後の活動について・・・

World EXPO 2015 in Istanbul での展示会に参加

World Contemporary Art 2015 にて、写真を展示

Festival Europeen de la Photo de Nu (06 〜 16 May 2016,会場 palais de l archeveche arles, France)にて個展

photo Bejing 2016 に参加

photo-expo in Harajuku 2017 個展 

 

 モデルには、ファッションモデル・美術モデル・撮影モデル・ヌードモデルなど・・・ありますが、ここでは美術モデル(ヌードモデル)について書いてます。 モデルとはいっても、写真であれば撮影モデル、絵画や彫刻であれば美術モデルを指してます・・・撮影モデルと美術モデル。 クロッキー会やデッサン会での撮影はできませんから、プライベートでモデルを依頼する・プライベートで描く場合のみ、クロッキーをしながら写真撮影を並行していくことができます。 写真撮影を並行していくことの利点・・・美術モデルであれば、固定20分ポーズを基本としますから、肉体的な負担が大きいわけですが、写真撮影であれば瞬間のポーズであり負担が軽減されること、制作者にとっては写真を参考にしながら描くことができるわけですからアクロバティックなかなり無理のあるポーズを紙上に再現できます。 また、結果として "不都合” なことも起こってきます。 ディスプレイで画像を見ながら描くことが可能ですから、時間的な制限がありません。 制限がなければ丁寧に描けるのですが、絵の命である勢い(勢いで描くヌード)や視覚的に捉えることの大切さ(意味)を損なう恐れがあります・・・要は、(目の前で見る三次元の立体を見ている)緊張感が損なわれれば、絵の本質が失われると考えればよいでしょう。 モデルという人を前にして描くことと、写真を見ながら描くことはまったく違うことだとも言えます。 三次元と二次元の違いは勿論のこと、人とコミュニケーションをとりながら描くことと、デジタル写真というモノを前にして描くことの違いです。 ところで、(サイト内では)写真を併用して描いてはどうか?という提案をしてるのですが、デジタル(カメラ)に記録するためにではなく、(シャッターを切るという動作の中で)目で記憶するために写真を利用することを勧めてます・記録ではなく記憶する。 出来れば、写真は自分で撮った画像を絵に立ち上げてください。

 

 

 ここで展示しているデッサンは、写真を基にして絵を立ち上げてます。 画像編集ソフトPicasa ピカサを利用してディスプレイを見ながら描いてます。 街の写真は下北沢のショップです。 Picasa ピカサのコラージュで画像を重ねることによる編集加工です。 下北沢の街の写真が女性モデルの印象に勝ってしまっているようです。 主体がモデルにあるなら、合成し損なってるともいえます。

 

緩んだお腹・ヌードの下腹部 女性ヌード・寛ぎのある空間 美しき横たわる裸婦 さり気無く優雅なヌードポーズ

Picasa の使い方&ガイド   ヌード      制作現場・ステージ<back          next>3D 人体モーション

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com