Picasa ピカサ 「被写体は自分」

アート的なヌードと木々の緑

 

< 被写体は自分 >

 「セルフも辞さない女性カメラマン」というタイトルの記事を目にします・・・自身のヌードをタイマー設定で撮り、フォト作品として発表している女流カメラマンのことです。 撮ることだけなら、デジカメやケイタイを使えばよいので、誰にでもできることですが、発表(公表)するとなれば話が違ってきます。 他人様に見せないのであれば、どのような画像になろうと、どこをどう撮ろうが、すべては自己完結することです。 ところが、人様に見せる(作品として展示する)となると、自身のヌードをモチーフに自身のアート感覚を披露することになります。 セルフという言い方から想像すれば、撮影現場は密室となるわけですから、どのようなポーズをどういう角度から撮ろうが勝手なわけです。 ですが、展示する写真であることを考えれば、厳しい「密室の規制」なるものが働いてきそうです。 撮影から展示段階までを考えれば、この「密室の規制」なるものに縛られるわけですし、展示会場に行けば、どのように縛られているかを目の当たりにすることになります。 興味本位な感想で失礼なのですが、アート作品というよりも、縛られ方の「内面の告白」として見えてきます。

 普通の撮影現場は、男性が撮るのであれ女性が撮るのであれ、ライティングなどを考えればスタッフが他にいることもあり、複数の人がいることが前提となります。 モデルとカメラマンとで撮るポートレイト(肖像画を描くこと)とは、アイドルが代筆の日記を公開するようなものでり、この場合の「セルフも辞さないヌード・・・」とは、”直筆” の日記を公開することと同様になります。 アーティストであればモチーフをとおしてアート感覚を語るのですが、自身の裸をモチーフにしてアート感覚を語れば、(内面)告白画像となってしまいます。 自身のヌードをとおして私自身を見てください・・・ということでしょうか。 この場合のヌードは、精神や感性が宿る ”殻” でしかないのでしょう・・・ヌードな仮面と脱け殻。 <コラージュ>加工と<自動コントラスト>調整ですが、Picasa ピカサによる画像編集です。 ヌードと自然の緑を並べてます。

 

 

横たわる女性ヌード 座りポーズ タッチと肌のディテール 仰向けに反った女体図

Picasa の使い方&ガイド   back>ヌード                    next>制作現場・ステージ

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com