Picasa・ピカサ  初心者向け・使い方&ガイド    

       モノクロ加工した金属でできた像

< モノクロ >   飾りにしてる置物を撮ってみました。

絵であれ写真であれ(平面)ビジュアルアートは色(再度)と明るさ(明度)という二つの要素で成り立っています。 色の要素を消して明暗だけで治めようとすれば、上の画像のような<モノクロ・白黒>画像となります。 アングルと構図に拘る写真を撮る方は概してこの<モノクロ>で撮る方が多いようにも思います。 逆に、色に拘って撮るという面白さもあるわけですが・・・モノクロ撮影  モノクロ絵画の撮り方

アングルと構図について・・・アニメやマンガがそうであるように、二次元(平面)的発想の創り手とそれを受け入れる(三次元への創造力の乏しい)鑑賞者とで完結してまうことが多いように感じます。 写真の世界も例外ではなく、確かに立体を平面に還元したものですが、平面から立体への創造力なくして「アングルや構図」が論じられているようです。 平面的な発想をする創り手(供給)と平面的に視覚する鑑賞者(需要)とでその多くが成り立っているように思います。

  

横たわる女性ヌード画像 ヌードモデル裸婦画像 モノクロヌード

モノクロのヌード画を載せてます・ヌード画の編集加工。 原画は、65x50 センチのクロッキー・鉛筆画です。 カメラの設定を予めモノクロにすることはありませんので、撮った後にモノクロ加工してます。 サイト内の他のページで、多き目の画像を載せてますのでご覧ください。 ヌードクロッキー会やデッサン会に出かけていって描くこともありますが、基本的には美術モデルと一対一のステージを用意して描いてます。 この絵を見ても分かるとおり、一枚の絵を完成させるのに2〜3時間はかかります。 ヌードモデルが持続できるポーズ時間は20分程度に限られますから、途中休憩を入れながら描くことになります。 また、最初の20分でおおよその形と雰囲気を描きこんでおいて、後は、そのポーズをデジタルカメラに収めておき、それを参考にしながら描く方法もあります。 このようなカメラを併用して描く方法であれば、2〜3時間で10ポーズくらいの絵を描くことができます。 カメラを使用しないのであれば、その日に一枚の絵しか描けないことにはなります。

  

ポーズする女性ヌードモデル 裸婦画像 白黒ヌード画像

窓から風景を覗いているような感覚で写真を撮ったらどうでしょぅ・・・この場合の窓とはアングルのことです・アングルのとり方。 自分と窓との位置関係や距離が変われば見えてくる風景も変わります。 そんな中で、気に入った位置からシャッターを切ればよいのではないか・・・と考えます。 たとえ、平面に還元された画像であっても、立体への創造力なくしては ”見えない”写真ということにもなります。

 ”上手”な写真は商用利用を目的としたカメラマンに任せておいて、感性で撮る写真を目指したほうが面白いと考えます。 技術や機材で撮ると考えれば、学ばなければならないことも多くあり、お金もかかります。 感性で撮るということであれば、安上がりですし、感性は磨けばよいことでもあります。 アートの世界は、”学ぶこと” より "磨くこと” だと考えます。

  

     モノクロで描かれた女性の画像
       < ヌード・クロッキー・裸婦の素材を載せてます >
           サイズは55x70cm  デッサン紙に6B(鉛筆)使用。

            Picasa 使い方 <Top>          セピア<back            next> ウォーム  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com