Picasa・ピカサ  初心者向け・使い方&ガイド    

ショーウィンドー・小物雑貨の画像

< 色温度 >   青系から赤系まで色の暖かさ(色温度)によって画面全体の色調を変えることが出来ます。 Picasaにはその他にも似たような編集機能があります。
 <ティント効果>では・・・モノクロから原画までの彩度を選べますし、<グラデーション>効果では部分的に色温度を変えることも出来ます。 また、<サチュレーション>効果では(赤であれば赤の色合いを強くするように)全て色の彩度を上げることもできます。 

  

 編集効果を加えることは楽しいことですが、加えた分だけは画質は劣化します。 特に気を付けたいことは・・・<シャドー> と <グラデーション>効果です。 Picasaの編集画面上(原画の状態)では分かりませんが、縮小してイクスポートされた画像の劣化は顕著です。 いったん画像を縮小してイクスポートしておき、その画像を再度Picasaにインポートしてから編集加工するという手もあります。

  

夕方の竹やぶの写真 古民家の座敷の写真 相模湖の写真

湖とボートの画像 桟橋のフォト 遠くから見る釣り船とボートの写真

椅子の写真

 かなりのこだわりをもって編集処理しました。 直射日光があたる部分があり、白飛びしてますが、そのことがむしろ画像に面白さを生んでいるように感じます。 最新バージョンでの編集では、色温度の調整なども同時に行われているようですね。

椅子の写真

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com