Picasa・ピカサ  初心者向け・使い方&ガイド 

 

< トリミング >  晩秋の砧公園での撮影です。 ここ砧公園は日曜祭日でもけっこう空いてますし、エリアはかなり広いので、画像に人の姿が入ってしまったり建物やその他の邪魔なものが写ってしまうような事はほとんどありません。 たとえ写ったとしてもトリミングするとかレタッチ効果で消してしまえばよいわけですが。

トリミング基本編集 

tetsuro.higashi (東哲郎 写真集)  アートとしての女性ヌード作品集

 

  

Picasa・ピカサで< I'm feeling lucky > や < 自動コントラスト > 編集するときは、< トリミング > や < 傾き調整 >をした後にするとよいでしょう。 < トリミング >すると、画像の明るさなどに予測していた以上の変化が見られますので、アリャー!こんな写真じゃなかったのにぃ・・ってことになります。

晩秋の砧公園・写真 

  

 また、アングルや構図を考えるとき <トリミング> することばかりを考えがちですが、その前に 下の画像のように <傾き調整> されてはいかがでしょう・・・<傾き調整>をすれば、画像の傾きが変わるのは当然ですが、同時に <トリミング> されることにもなります。 ちょっと”退屈”な写真でも傾きを変えることによって予期せぬ面白みのある写真に変貌することもあります。 また、人の水平感覚はあまり当てにはなりませんし。

傾き調整・基本編集

  

 コンパクトデジカメでは、思っていたアングルよりも少し大きめに撮れているわけですが、それでもアングルに迷ったときは少し余裕をもった大き目のアングルで撮っておくことです。 後で <トリミング> すればよいわけですから・・・Picasa・ピカサで画像・写真編集加工。

<ピカサのその他の機能> 人物パネルを表示する(非表示にする)・・・人物写真を多く撮る方に便利です。 正面からはもちろん、横顔などからも判別できます。 <場所パネルを表示する>、<タグをつける> ・・・ 画像絞込みに便利です。 ただし、一枚一枚の画像にタグを付けていくことも面倒ではありますけど。 <実サイズで画像を表示する>・・・サムネイル画像では見分けにくいボケなども実サイズにすればはっきり分かります。 同じようなカットをたくさん撮る方でも、このサイズの画像にすれば選ぶことも簡単になります・・・細部にわたる画質が分かる。 サムネイル画像表示では、<ヒストグラムやカメラ情報>も表示されているので、レンズ焦点距離やISOなども確認できます。 また、スライドショーでは、<再生>モード表示を選べます。 

赤と緑が綺麗な写真 竹林をバックにしたモミジ 古い民家の屋根

春の小川 小さな公園 ブルーに光る湖面

    

      Picasa 使い方 <Top>        ギフトCDの作成<back         next> 傾き調整  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com