Picasa・ピカサ  初心者向け・使い方&ガイド    

 

< ギフトCDの作成  >   ギフトCDの簡単な作成方法を紹介します。

CDの容量を考えれば、1000万画素レベルの画像であっても200枚くらいは楽に落とせます。 それでも、贈り物として考えれば画像を選ぶ必要があります。

 そんなときには・・・・  ライブラリ画面からフォルダを開け、
お目当ての 画像をダブルクリックすれば大きな画像が表示されます。 画面下の部分にある<スターあり画像>をクリックしていきます。 これらの動作を繰り返せば、複数の画像を< スターあり画像フォルダ>に保存することが出来ます。 そして、ライブラリ画面に戻れば<スターあり画像>というフォルダが見えますから、そのフォルダを指定して< ギフトCDにする>を押してあげればよいわけです。 もちろんその場合はPC内にCDを入れておく必要がありますが・・・

赤い鉄橋の写真 ショップのフォト ブティックの飾り

 

  

友人や家族に写真を見せるために、ウェブアルバムやピカサからダウンロードしてCDにおとしたのなら、ピカサをダウンローしなければ見えないわけです。 最近は、ピカサをマックでも見れるようになりましたが、以前はマックは使えなかったわけで、せっかくアルバム(ギフトCD)として写真を送っても、マックを使用している方には見えなくて残念に思ったこともありました。 ピカサを使えば、スライドショーとして見れるから便利なのですね。

 また、Picasa(ピカサ)の使い方などに困ったとき・・・良く分からないことがあれば、Picasa(ピカサ)フォーラムなどで相談することも出来ます。 ライブラリ画面からも<ヘルプ>から<Picasa フォーラム>を覗くことは出来ます。 <Readme オンラインを表示> <最新版の確認> <Picasaについて> など、Picasa(ピカサ)に関する様々な話題やヒントを共有することも出来ます。 Picasa(ピカサ)はPCのハードディスクとも連動してますから、私的な写真は置かないほうが何かと安全です。 

 

 

店頭・ビンの飾り ディスプレイ・ボトルが三本 スタイリストの仕事・透明感のあるビン

 

Picasa使い方

Picasa使い方

Picasa使い方

のこ写真がこの日のベストショットだと思ってます。 たぶん、モデルをされた方も、同意してもらったと思います。 だいたいが、カメラマンがよし!と思う写真とモデルさんが気に入る写真は違っていることが多く、カメラマンが自信を持っておすすめの写真が、モデルさんのミクシやFBで展示されたいなかった経験は多くしてます。 そんなものであることは想像はできるのですが、難しい気持ちになることも事実です。 でも、ちょっと考えてみるとわかるのですが、自分の写ってる写真を見るとき、その写真のアート性などは気になりませんよね、それより、自分がかっこよく写っているかどうか?すべてのような気がします。 男性の私でさえ、そんなところですから、女性が自分が綺麗に写っているかどうか?は写真そのものの価値よりも、断然問題意識はつようくなるわけですね。

Picasa使い方

Picasa使い方

ここで、写真を印刷する(出力)について書いてみましょう。 まだまだ、古い考え方を誇示する「頑固な爺さん方」が多く存在するのもこの世界です。 自分で撮った写真を印刷物にしようと注文するときに起こることなのですが・・・画像には傷が目立つので修正しておきましょうか?という”勘違いの親切”を受けることです。作品撮りをしている人たちの多くは、自分の作品にてを入れられることを嫌うというか、そんなことをされたらぶっちぎれられますからね、そのことを「勘違いオヤジ」さんたちは理解できないようなのです。要するに、写真は卒業写真であったり結婚式であったりの記念写真ですからね、いかにして綺麗に収めるか?と言うことばかりを仕事にしてきたわけですね。 私が始めて注文したときに起こったことは、画質が荒れていたので、綺麗にしておきました・・というコメントつきでした。 これにびっくりしたと言うか、めっちゃは腹が立ったと言うか、、、それで、こういうように返事(忠告)したのです。 絵画の展示会に出す絵に対して、絵の具の塗りが荒っぽいからといって、画商さんが塗りなおすようなことをしますか? と。それと同じことをあなたはやっているのですよ!と強く言っておきました。

それから、自称名人が多いのもこの写真の世界ではあります。デジタルになったので誰にでも簡単に撮影できるようになりましたから、初心者でも自分には才能があるのだ・・と勘違いしがちなのです。また、かなりの経験者(写真屋さんも含めて)でも、上級者であるように思っている人たちが多くいますね。ピントがしっかりしていて、被写界深度なるものも考えられていて、アングルなどもそれなりに切れていれば、上級者またはプロレベルと考えている方がとっても多いのがこの世界です。 センスとか美意識はそれを持ち合わせない人は理解できません。 センスがよかったり美意識を写しこむことの出来る人はごく一部です。 大抵のことは、明らかにプロには勝てませんから、素人をわきまえざる負えませんが、写真だけは例外ですね、レベルの高いプロよりも自分の写真の方がいい!と勘違いできるのですが、それが自称フォトグラファーを増やしているのでしょうね。

Picasa使い方

Picasa使い方

スケッチ処理したヨットの画像

Picasa 3.9 でスケッチ処理したヨットの写真を載せてます。 デフォルト(初期設定)値では、白黒の状態ですから、プリントアウトして色彩をのせれば水彩画のように仕上がります。 形をとったり、デッサンやクロッキーの苦手な方でも、しっかりと絵が描けるということになります。 便利なソフトが出てきたものですね。 この写真では、スライドバーによって調整できますから、デフォルトよりの少し色彩が入った状態で載せてます。

 

スケッチ処理したヨットの画像

Picasa 3.9 で枠線処理したショップのディスプレイの写真を載せてます。 Picasa 3.9 による様々な処理をした後に<枠線処理>してます。 ショップのディスプレイやショーウィンドーの写真を撮ることが多いのですが、概して、ガラス越しになりますから、反射光が入ってきたり、背景の街並みが写り込んできたり、それはそれで面白い写真にはなりますが、それなりの編集処理をしないことには写真になりません。 先ずは、< I'm feeling lucky >を押してみること・・・この処理で80%位の写真はOKになりますから、とても便利な機能です。 そして、ウェブアルバムやギフトCDの作成として普通に使うのであれば、<コントラスト調整>と<シャープ効果>を加えればほぼ完璧な編集処理となります。

 

      Picasa 使い方 <Top>        高度な編集操作<back         next> トリミング  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com